ホーム > 事業部について > 事業部情報

事業部情報

法人沿革

明治29年 医師 石神 亨(安政4年~大正8年)が大阪市内天王寺で診療所を開院。亨は当時、国民病といわれた結核が人々の健康を脅かし、わが国におけるその高い羅漢率や死亡率は、医学の社会的、予防医学的側面が無視されている結果もたらされてきたと考えていた。自ら治療と研究を行い、加えて、社会的啓発活動に力を注いだ。
明治30年 同院にて、私立伝染病研究所を開設。
明治35年 現大阪府高石市羽衣地区に、「浜寺石神療養所」が設立された。
大正5年 大阪済生会中津病院初代院長となる。
大正8年 亨 没
大正9年 「浜寺石神療養所」の設立を紀念して、「石神紀念医学研究所」が設立された。大正15年 文部省(当時)より、「財団法人石神紀念医学研究所」として認可される。
平成15年 石神文子が入職。障害者福祉に関する公益事業に着手する。
平成25年 「一般材法人」へ移行
就労継続支援B型事業「海」
共同生活援助事業「コスモスハウス」を開設 
※「海」は6ヶ月で閉鎖
平成26年 グループホーム「コスモスハウス サテライトⅠ」を一戸、導入