財団法人 石神紀念医学研究所 精神保健福祉事業部

ご質問・お問い合わせはこちらから。

DVD・書籍のご購入はこちら


事業部について

  • ごあいさつ
  • プロフィール
  • 事業部情報
  • 過去の活動・実績
  • ビデオ・書籍教材のご紹介と販売

共に「住む」「働く」「憩う」まちをつくること。

精神障がい者の方、ご家族、その支援者である精神保健福祉士の育成から、地域ぐるみで問題に取り組むための講演会や個別相談といった活動を続けています。


ごあいさつ

福祉とは”生活支援”です。精神障がい者の方やそのご家族を支援すること、支援の担い手である「精神保健福祉士」を育成すること。それが私の使命です。

福祉との出会い

中学生のころ、施設の女の子のお姉さん代わりとして、文通のボランティアを始めました。
彼女が準看護師になり、 結婚されるまで交流は続いたのですが、これが福祉の道に入るきっかけになったように思います。

大学で福祉を学んだのち、大阪府に入りました。その5年後の昭和41年、精神保健福祉の歴史上初めて、 地域で精神障がい者の方に接することが法定化され、私は保健所に配属されました。

知識も技術も不十分なうえに、先輩がいない職場での仕事はつらいものでしたが、 入庁したころの、ある先生との出会いが私を支えてくれました。アメリカで精神保健福祉を学ばれたその先生の教えの中でも印象に残っているのが、 アメリカ式の面接室です。


二重扉に二重窓、会話はすべて録音されるその部屋はそれまで見たことがなく、とても驚きました。プライバシーを守ることはもちろん、ここでのやりとりが、相談に見えた方の支援に役立つことを目的とし、設計されたものでした。

「尊厳」なくして福祉は語れない。先生の教えは、私が精神保健福祉に取り組む礎になりました。

医療として扱われた長い時代

精神障がい者は長い間、福祉の対象ではなく、病人としてのみ扱われてきました。

また、精神病院の従業員不足や報酬の低さから、いわゆる「鍵」と「塀」に表現される閉鎖的な病院は今でも多く存在します。結果、精神病院のベッド数は多く、入院日数は長いのに、患者さんが退院した場合の支援施設の受け入れ態勢は大きく不足しています。


平成7年、「精神保健福祉法」においてようやく、精神障がい者に対する福祉が法的に認められました。また、平成9年の「精神保健福祉士法」成立により、精神障がい者の方の生活支援を行う仕事が国家資格として定められました。

福祉が生活支援として機能するスタートラインに、やっと立てたのです。

精神保健福祉士の育成イメージ

精神保健福祉士の育成

国家資格として熱く注目される精神保健福祉士。その育成のための学習と実習、そして就職後の教育も重要です。


現場に、頼れる仲間や先輩がいないので仕事が続かないとの声が多く、また所得が低いなどの理由から、 精神保健福祉士が育ちにくいという現象が起こっています。

精神保健福祉士が正当な評価を受け、やる気を持って仕事をするために効果的な手段のひとつに、 「スーパーヴィジョン」というシステムがあります。

また、「事例研究」も有効な教育方法で、共に働くメンバーと、一つの事例について研究をし、互いの経験を報告し合うことにより、自分が何を学習すべきなのか、受け持っている精神障がい者の方への支援は適切なのかが見えてきます。

就労可能な方たちです

かつて精神障がい者通所授産施設にいたときの経験から、
「精神障がい者の方たちは、支援者の対応次第で働くことができる」と私は確信しました。
病状の不安定さや、薬の副作用などの弱点を補いつつ支援することができれば、かならず社会復帰できる方々なのです。

このホームページでは、当事業部の活動内容を「精神障がい者」「精神保健福祉士」「ご家族」「すべての方(地域住民)」に項目分けをしています。しかし、精神保健福祉の世界に関わる必要のない人は存在しないものと考えています。 みなさんがすべての項目に目を通されることを願いつつ、ごあいさつに代えさせていただきたいと思います。

ページ上部へ

プロフィール

精神保健福祉士の育成イメージ

精神保健福祉事業部

代表

教職

平成21年度分 : 花園大学、神戸女子大学、福井県立大学、関西福祉科学大学等



略歴

昭和36年4月

大阪府立女子大学社会福祉学科卒、大阪府へ入る。精神科ソーシャルワーカーとして関係機関(研究所、保健所、相談所)へ配属され、精神障がい者・障害児、思春期の問題を抱えた人、痴呆性老人等、多くの援助を必要とする人々への生活支援を行う。常に援助者側の資質向上の必要性を痛切に感じ、職員研修を8年間担当。


平成8年3月

大阪府退職


平成9年4月

(社)京都光彩の会 精神障がい者通所授産施設「京都市朱雀工房」施設長として精神障がい者の就労支援に努力する。


平成10年4月

(社)京都光彩の会 精神障がい者地域生活支援センター「なごやかサロン」センター長を、平成12年3月まで兼務。


平成13年3月

(社)京都光彩の会退職。
(財)石神紀念医学研究所 精神保健福祉事業部代表として現在に至る。


著書

著書

『心病む人々の生活支援〜精神保健福祉相談員の記録』
(やどかり出版)等


ページ上部へ

事業部情報

事業部情報イメージ

法人沿革

明治29年

医師 石神 亨(安政4年〜大正8年)が大阪市内天王寺で診療所を開院。亨は当時、国民病といわれた結核が人々の健康を脅かし、わが国におけるその高い羅漢率や死亡率は、医学の社会的、予防医学的側面が無視されている結果もたらされてきたと考えていた。自ら治療と研究を行い、加えて、社会的啓発活動に力を注いだ。


明治30年

同院にて、私立伝染病研究所を開設。


明治35年

現大阪府高石市羽衣地区に、「浜寺石神療養所」が設立された。


大正5年

大阪済生会中津病院初代院長となる。


大正8年

亨 没


大正9年

「浜寺石神療養所」の設立を紀念して、「石神紀念医学研究所」が設立された。大正15年 文部省(当時)より、「財団法人石神紀念医学研究所」として認可され、現在に至る。


ページ上部へ

研修会・講演等 実績紹介

平成20年度

第63回 心病む人々にとって住み良い街づくり講座

期日

平成20年1月23日


会場

たかいし市民文化会館


主催

財団法人 石神紀念医学研究所 精神保健福祉事業部


助成

大阪府福祉基全地域福祉振興助成金


平成19年度「ヘルパー2級養成コース」就業支援講演会
「精神障がい者に対する就業支援の基本」

期日

平成20年2月7日


会場

大阪市立鶴見区民センター


主催

財団法人 石神紀念医学研究所 精神保健福祉事業部


第64回 心病む人々にとって住み良い街づくり講座

期日

平成20年2月19日


会場

たかいし市民文化会館


主催

財団法人 石神紀念医学研究所 精神保健福祉事業部


助成

大阪府福祉基金地域福祉振興助成金


第65回 心病む人々にとって住み良い街づくり講座

期日

平成20年3月9日


会場

たかいし市民文化会館


主催

財団法人 石神紀念医学研究所 精神保健福祉事業部


助成

大阪府福祉基全地域福祉振興助成金


大阪体育大学 精神保健福祉士国家試験受験対策講座

期日

平成20年9月27日、10月11日、25日、11月8日、12月6日


委託

大阪体育大学健康福祉学部


運営

財団法人 石神紀念医学研究所 精神保健福祉事業部


大阪体育大学 精神保健福祉士国家試験受験対策講座

期日

平成20年11月7日〜平成21年3月26日


時間

184時間


会場

大阪市社会福祉研修・情報センター等


主催

大阪府


運営

財団法人 石神紀念医学研究所 精神保健福祉事業部


・その他過去の実績についてはお気軽にお尋ね下さい。

ページ上部へ

精神保健福祉について

DVD/BOOKS1

DVD サロンに生きる人々と共に
「ソーシャルワーカー 菅野治子さんの軌跡」

精神に障害を持つ患者さんを少しでも元気にしたい。
そんな思いで院内の生活改善に取り組んだソーシャルワーカー菅野治子さんの取り組みとその実践の場、デイケアサロンの活動の記録・・・


DVD/BOOKS2

DVD はながゆく。
「赤阪はなさん21歳、ただ今、就職活動中。」

働くということにこだわり、仕事を求めてチャレンジを続ける、赤阪はなさんの21才の夏を記録しました・・・


ページ上部へ


 ホーム | 活動内容 | 事業部案内 | お問い合わせ | 教材購入 | 個人情報保護方針 | サイト利用規約 | サイトマップ | リンク

財団法人 石神紀念医学研究所 精神保健福祉事業部
〒592-0002 大阪府高石市羽衣2丁目4-20
電話番号 : 072-269-5294 (代表)

copyright © Ishigami Memorial Institute of Medicine All Rights Reserved.